04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

ザ・シャウト/さまよえる幻響

2011.07.19 22:57|イエジー・スコリモフスキ
 
イエジー・スコリモフスキ監督新作『エッセンシャル・キリング』がまもなく公開ということで、
カウントダウンが始まりました。
ということで、今日はカンヌ映画祭で審査員賞を受賞した日本未公開作品『ザ・シャウト/さまよえる幻響』。
奇妙な味わいのホラーサスペンスです。
 
ザ・シャウト/さまよえる幻響 (1978) イギリス
監督:イエジー・スコリモフスキ
出演:アラン・ベイツ/スザンナ・ヨーク/ジョン・ハート/ロバート・スティーヴンス/ティム・カリー

【ストーリー】
精神病院で開催されたクリケット大会にスコアラーとして参加したアンソニーは、奇妙な患者と知り合う。
その男は、自分は叫び声で相手を殺す事が出来ると言うのだが……。(aiicinemaより)
 
イエジー監督と言えば、同じポーランド出身のポランスキーのデビュー作『水の中のナイフ』の脚本を手がけたことでも有名でしょうか。
その後『身分証明書』(1964)で監督デビュー。
俳優としても活躍していて、
イースタン・プロミス』で、ナオミ・ワッツの叔父ステファンを演じてたのが監督だったのね。
 
さて、本作ですが、まさに「叫び」で人を殺せると嘯く男を描く、なんとも奇妙なお話なのです。
 
まず、精神病院で行われるクリケット競技のスコアラーとなった男に
ある男が「自分は叫び声で相手を殺すことができる」と話し、回想シーンへと続きます。
 
場面変わって、砂漠で転寝する若い夫婦は
手に先の尖った、骨のようなものを持った男に襲われる夢を見て目覚める。
音楽家である夫アンソニー(ジョン・ハート)は、教会のオルガンを演奏した帰りに、
クロスリー(アラン・ベイツ)と出会う。
不吉な夢がまるでその前兆であったかのように
クロスリーは次第に夫婦の生活に入り込み、同居するようになるのですが
ある日、クロスリーは「自分は太古の力を身につけ、叫びで人を殺すことができる」と話すのです。
 
迷惑な男が、夫婦の暮らしを侵食していくというお話しかと思ったら
これが、そう簡単に片付けられない。
図々しく家に入り込むクロスリーを、毛嫌いしていたはずの妻レイチェル(スザンナ・トーク)は
気づけば夫アンソニーを邪険に扱い、クロスリーと身体の関係にまでなっているのよね。
なんで?と思うところだけど、レイチェルの無くした靴のバックルをクロスリーが持っていたり
意思を操るツールのように描かれているのが面白い。
 

アンソニー夫婦の家に飾っている絵にしても、なんとも不気味で
レイチェルが絵と重なると思えるシーンには、ゾクっ・・
 
そしてなんたって圧巻なのが
クロスリーがアンソニーを砂漠に連れ出し、自分の能力を披露するシャウトシーン!!
応援団長か!? のシャウトに、羊も人もバタバタと倒れる!!(笑)
耳栓をして臨んだアンソニーも砂漠の傾斜を転げ落ちる
まさに目がテン。
 
冒頭の場面が繰り返されるラストシーンは謎の回収を図るものでした。
と言っても、映画は親切に説明をしてくれるわけではないので
登場人物の関係に、自分なりの推論をめぐらすことになり
だからこそ、面白い。
 
自分自身、悪夢にさらされたような余韻がたまらない作品でした。
 
 

スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:70年代 ジョン・ハート

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント