04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

引き裂かれたカーテン(1966)

 torncurtainposter.jpg

引き裂かれたカーテン
Torn Curtain

アルフレッド・ヒッチコックによる冷戦時代を背景にしたスパイサスペンスです。

暖房の壊れた極寒の客船
結婚を控えた物理学者マイケルとサラのカップルだけはベッドでいちゃいちゃ、アツアツだ。
コペンハーゲンで学術会議に出席するはずの二人だったが、ある伝言を受けとった後マイケルの態度が一変
ストックホルムで研究するから一人でアメリカに帰れと言われ、不審に思ったサラはこっそりマイケルの後を追う。
2人を乗せた飛行機は東ベルリンに着いた。


ポール・ニューマンが原子物理学者いうのにそもそも違和感があるのだが、『サイコ』で成功したヒッチコック作品にスター俳優のニューマンとアンドリュースを起用してヒットを狙ったというところか。

最初はニューマンが祖国を裏切り東ドイツに亡命する話?と驚くが、そこからひねりがある。
実はマイケルはその道の権威、リント博士の理論を盗むため、亡命者を装い東ベルリンに派遣されたスパイだった。

とはいえ、所詮は「雇われ」の「臨時」スパイ。
007風なスパイアクション映画になるはずもなく、なんとか任務を果たした後、マイケルとサラがいかに国外脱出を図るかが本作のサスペンスをけん引することになる。

素人な二人ゆえのハラハラもあるものの・・正直あまり面白くなっていかない。
一つには主役2人の魅力が生かされてない点だろう。
せっかく素人カップルの脱出劇という面白い設定なんだから、どうせならスクリューボールコメディにしたらよかったのにと思うのだが、中途半端にまじめで遊びがないのだ。
脱出も人任せで本人の努力を感じられないので、結果に対して爽快感さえ得られない。
冷戦の真っただ中に観れば、今よりも緊張感が伝わったのかな。
torncurtain2.jpg
主役よりも印象に残るのは、リント博士、バレリーナ、ポーランド人女性といった脇役の活躍。
舞台で演舞中にマイケルを目ざとく見つけるバレリーナの「眼」の演出なんかホラーだよね。
アメリカに渡ることを夢見るポーランド人女性の切実さは、特に時代を感じさせる。
Torn-Curtain-Unloved-2016.jpg
布団の中で始まって最後も毛布の中の二人で終わるのはうまい演出。
でも、二人を祝福しがたいのは、アメリカのエゴのみが際立ってしまったから。
最後にポーランド人女性を助けるよう手紙を書くとか、犠牲にした者、助けてくれた面々への思いが表現されるとよかったな。

ポスター(とタイトル)は『サイコ』を意識してのもの?



映画データ
製作年:1966年
製作国:アメリカ
監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ブライアン・ムーア
出演:ポール・ニューマン
    ジュリー・アンドリュース
    リラ・ケドロヴァ
    デヴィッド・オパトッシュ
    ルドウィッグ・ドナス
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:60年代 ポール・ニューマン ジュリー・アンドリュース

コメント

No title

もう随分昔に観ましたが すっかり忘れているんでまた新鮮な気持ちで観れるかも
確か、 ジュリーアンドリュースの濡れ場あったような
当時清純派の代表格としてはあるまじき行為で嬉しき限り  のち SOB とかやったかに ついに脱いでましたが  これまた嬉しきかな  あの綺麗なくぃ-んずイングリッシュが好きで   ポ-ルニュ-マンも この頃 動く標的  名作だった もあったかな マッキントッシュの男 とか リバイバル名作座に通ったなぁ

To おみゃあさん

もう50年以上も前の映画ですもんね。
ポール・ニューマンも人気絶頂の頃かな。
今見ると濡れ場というほどではなく可愛いもんですが、ジュリー・アンドリュースのベッドシーンは珍しかったのでしょうね。
ハリウッドでベッドシーンが解禁になってからそれほど経ってなかったでしょうし。
なんたって時代を彩ったお二人ですよね。
ジュリー・アンドリュースは今も上品でお綺麗ですね。
この映画では魅力を出し切れてないのが残念だけど。
脚本の問題かな。

No title

かなり前に2度観ました。
なぜ2度かと言うと、1回目観てちーとも面白くなくて。
なんでだろう??ヒッチコックなのに。ニューマンなのに。おしどり夫婦なのに。
で、も一度観たけどやっぱりあまり面白くないwww

脚本かな~、わたしもサスペンスが高まらない印象が。
キッチンでの殺し合い(オーヴンに突っ込むところ)は凄いけどね。
人はなかなか死なないものなのです。
個人的にヒッチコックは当たり外れがあって、『マーニー』もイマイチつまんない。
ダーリン・ショーンが出てるのに、彼の魅力が生かされて無い。
ティッピ・ヘドレンの声や喘ぎ系演技もあまり好みでなく。
『鳥』や『マーニー』をグレース・ケリーが演じてたらどんなに素晴らしかっただろうな~と個人的に思っちゃうわ。

To みーすけさん

だよね。
私もこれは面白いと思えなかった。
周りにこだわったのかもだけど、やっぱり主演陣の魅力が生かされてないとダメ。
まだこの映画が製作途中の時にアメリカではいい脚本家に出会うのが難しいと言ってたそうで
これも脚本に満足できないままだったんだろうな。
あと音楽がいつものバーナード・ハーマンでないのも痛いよね。
あのオーブンのシーンやバレリーナのシーンとかでもハーマンだとより印象的になったのかも。

『マーニー』は私途中までになってる~。
ヒッチコックが好きとも嫌いともまだ言えない状況なので、まずはしっかり観てみる。
お勧めあったら教えてね。

熱下がった? ゆっくり休んでね。

No title

ありがとう❤熱は下がったり上がったり。やっぱインフルなのかなー。でも病院行くのがしんどくて。月曜まで様子見てインフルの再検査してみる。お腹ぴーぴーなのつらたん💧💧 胃腸風邪かなー。

ヒッチコック、わたしも初期のとかは観てないのとか、途中停止とか。
一番好きなのは『裏窓』話も演出も役者も大好き。んで、やっぱ『サイコ』だね。『知りすぎていた男』も好き。『鳥』のガススタ炎上のストップモーションシーンはちょっと笑える。『めまい』はそんな馬鹿なって感じなストーリー。『フレンジー』は殺人シーンや快楽殺人という題材、全裸死体がバッチリ映ってるのとか時代が流れたんだなーと妙な感慨を受けた。じゃがいももポイントwww 見知らぬ乗客、ダイヤルM、泥棒成金、他にも色々あるけど駄作も多いなーという印象。個人の好みもあるので、色々観てみて~♪

To みーすけさん

いきなり高熱で関節痛となるとインフルっぽい気もするけど、
胃腸風邪ってのは実質インフルより辛いもんがあるし、なんにしろしんどいわなぁ。
水分補給して養生してね。

私も観てるの少ないけど『裏窓』ベストで次『サイコ』
『知りすぎていた男』は未見(汗)
『めまい』『見知らぬ乗客」は世間の評判ほど楽しめなかった。
『フレンジー』も未見。全裸死体とジャガイモ目当てで観ます(笑)
具合悪い時にごめんね。色々観てみる。ありがとー。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント