04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー (1981)

2017.03.14 07:16|その他

thiefposter.jpg
 

ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー
Thief 

マイケル・マンの長編デビュー作

カーン演じるフランクは、昼間は中古車センターのオーナー、夜は必殺金庫破りの二つの顔を持つ男。
組織に所属せず、服役中に名人オクラから学んだやり方で仲間と仕事をこなしてきたフランクだが
そろそろ家庭をもって静かな余生を送りたいと思っている。
夢に一歩近づいたと思った矢先、フランクの仕事ぶりを見初めたマフィアに声をかけられ・・


金庫破りの一部始終を見せるところからまずひきこまれる。
緻密に警報を解除した後は、解体工事現場さながらに力業で破壊する!
技術顧問に本物の金庫破りを雇ったというから、リアリティは折り紙付きで
金庫の中から近接で撮った映像もカッコいい。
Thief 01
仕事を終え夜の街へとまぎれいくスタイリッシュな演出に『ドライブ』を思いだしたが
マイケル・マンはデビュー作からその様式美を確立させていたんだと驚く。

Thief-1981-still.png


しかし、本作ではスタイリッシュと真逆に思える任侠臭さがあって、そこがまたいい。
40ドルを盗んだことから始まったフランクの転落人生。
アウトローとして生きてきた彼がようやく人間らしい暮らしに落ち着こうとするとき
ささやかな夢は壊される。

以下結末に触れるので未見の方はご注意ください。



 マフィアのレオに大仕事のピンはねに抗議したフランクは、相棒を殺され、一生の服従を言い渡される。
怒りに狂ったフランクは妻子に有り金を渡し逃亡させ、家も店も爆破する。
CGなしと思われるこの爆破シーンが迫力だ。

全てをなくしたフランクが敵陣に乗り込み、銃撃戦の末・・
生きていたのは実は意外に感じたのだが
思えば死んでしまうよりも、生き抜く方が過酷かもしれない。
thiefpicture.jpg
フランクには夢があった
写真のコラージュに集めたその夢はまるでジグソーパズルのようだ。
妻と息子を得てパズルを埋めようとするフランク。
だが、オクラというピースをなくした時点で、フランクの夢は壊れ始めていた。

フランクはその後妻子の元へ帰るのか
答えはノーだと思う。
オクラの死に対する異常なまでの喪失感と、家に盗聴器を仕掛けられた時の落胆ぶりに
フランクのパズルへの執着を感じたし、彼が再び夢を追い求める姿をどうしても想像できない。

抜け殻となったフランクの明日がどどれほど過酷なものかと想像すると泣けてくる。
ドライで悲しい。だけどこれほどカッコいい映画もない。




映画データ
製作年:1981年
製作国:アメリカ
監督/脚本:マイケル・マン
出演:ジェームズ・カーン
   チューズデイ・ウェルド
   ウィリー・ネルソン
   ジェームズ・ベルーシ
   ロバート・プロスキー



スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:80年代 ジェームズ・カーン マイケル・マン

コメント

No title

この頃は、ちょい太り気味で 面影  ゴッドファ-ザ-の  がなくなりつつある頃なんよね  ガンファイトも良かったけど 監督の出世作でこのあと 活躍し出すし
プロデュ-スもジェリー・ブラッカイマーが テレビ 映画で開花するし
音楽も このあとの監督の 映画 キ-プ でもそうだったけど タンジェリンドリーム が良かったし  でめたしでめたし  しかし、 ジェ-ムスカ-ンは  好きな映画は シンデレラリバティ   太った ミザリ-も良かったけど
あとアラン・アーキンとのコンビ フリ-ビ-とビ-ン が好きで

To おみゃあさん

もう中年真っ盛りですよね。
監督は私はこれまで割と眠くなる感じだったんだけど、デビュー作からこれって俄然見方が違ってきました。
最後にかかる曲も任侠ものっぽいラストにピッタリでしたね。
『シンデレラ・リバティ』観たけど忘れてるなぁ。  
『フリ-ビ-とビ-ン』というのは全然知らない。面白そう。
しかしカーンさんも映画沢山出てるね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント