10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レベッカ(1940)

Rebeccaposter.jpg

レベッカ

Rebecca

あらすじ
モンテカルドに滞在中、裕福なマキシムと出会ったヒロインは、後妻として嫁ぎ、マンダレイと呼ばれる屋敷に住むことになる。しかしそこは先妻レベッカの見えない影がすべてを支配していた


アルフレッド・ヒッチコックのゴシックサスペンス。

この映画が凄いのは、タイトルロールの「レベッカ」を登場させることなく、レベッカを恐怖の対象足らしめている点だろう。
ジョーン・フォンテイン演じるヒロインは先妻の評判を聞くにつれ自信を無くし、次第にレベッカの影におびえるようになる。

それに拍車をかけるのが女中頭として屋敷を取り仕切るダンヴァース夫人(ジュディス・アンダーソン)の存在。
レベッカを寵愛し、レベッカ亡き後もレベッカの生活の痕跡をそのまま残そうとする夫人にとって、新妻のフォンテインはレベッカの世界を壊す邪魔な存在でしかない。ましてや自分と同じ平民の出のフォンテインがレベッカと同じものを手にするなど許せるはずもない。

しかし、ダンヴァース夫人はなぜそこまでレベッカに執着したのか。
レベッカとダンヴァース夫人がレズビアンの関係にあったという人もいるけれど、どうだろう。

個人的には2人の間に性的な関係はなかったのではないかと思う。
しかしダンヴァース夫人がレベッカに尋常でない愛情を持っていたのは確かだろう。
彼女にとってレベッカは夢を具現化する対象だったのではないか。

ダンヴァース夫人がレベッカの持ち物に執着する姿から、夫人はレベッカを通し、上流文化に触れ、美しいものをめでる喜びを満たしてきたのではないかと思う。ただしレベッカは誰も愛せない女性で、ダンヴァース夫人の思いはかなわない。そこに夫人の悲しさがあった。

かくして、ヒロインを追い詰めるダンヴァース夫人の瞳が、もはやこの世以外のところを見ていると知るとき、映画はゴシックホラーとして最恐の瞬間を迎えるのだ。


rebecca-1940-laurence-olivier-kissing-joan-fontaine-00n-yrr.jpg
怖い映画ではあるが、フォンテインとマキシム役のローレンス・オリヴィエの関係は思いのほかロマンティックで、前半は億万長者に求婚されるという、女の子の究極の憧れを描くロマコメとして、やがてホラーからミステリーへとシフトする展開の多様さを楽しんだ。

屋敷を目前にして激しく降り始める雨
「R」のイニシャル
マキシムの多様性を写すスケッチ等、象徴的な表現も印象的。

本作がヒッチコックの渡米一作目ということだが
「マンダレイとニューヨークどっちを選ぶ?」とのマキシムの問いに
「ニューヨークは退屈そうだからマンダレイ」と答えさせるところに
ヒッチコックの「心はイギリスにあり」を感じた次第。




映画データ
原題:Rebecca
製作国:アメリカ
監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ロバート・E・シャーウッド/ジョーン・ハリソン
出演:ローレンス・オリヴィエ
   ジョーン・フォンテイン
   ジョージ・サンダース
   ジュディス・アンダーソン
   グラディス・クーパー


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:40年代 ローレンス・オリヴィエ

コメント

No title

ま、すさまじい悪役  すごい演技  演技とは思えんもんね
もうずいぶん昔に テレビで観ました  このころサ-ロ-レンスも オケケあったんやね

To おみゃあさん

ダンヴァース夫人の怖いことといったら。
悪役が凄い映画は名作が多いですよね。
ローレンス・オリヴィエの若い頃の映画をあまり観てないのと、どうもお顔の印象が薄いのか、
これを観てる途中、しばらく彼と気づきませんでした(汗)

おもしろいヒッチ

ヒッチおじさんの映画は、かなり好きですねー。
「北北西に進路を取れ」なんて最高です。
オリビエはマリリンに冷たかったので嫌いでーす。

Re: おもしろいヒッチ

> ボーさん
うわわわ、ごめんなさい。
こちらすっかり放置でコメントいただいてたのに気づかず申し訳ありません。

ヒッチコックお好きですか。
『北北西に進路を取れ』は面白かったですよね~。私も好き。
『マリリン 七日間の恋』でも『王子と踊り子』撮影中のオリヴィエとの確執が描かれてましたね。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。