08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982)

2017.04.26 13:47|ジョナサン・デミ
who am i this time
クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット
Who Am I This Time ?


『羊たちの沈黙』でアカデミー賞を総なめにし、続く『フィラデルフィア』でトム・ハンクスにオスカーをもたらしたジョナサン・デミ監督がお亡くなりになりました。
15年にもメリル・ストリープ主演で映画を撮っていたし、まだ全然お元気なのだと思っていたのだけど、がんを患っていたんですね。73歳。若いなぁ。
jonathandemme.jpg
今日は追悼にTVムービーとして製作された『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』を観ました。邦題長っ!!w


【あらすじ】
仕事で新しい土地に越してきたヘレンは、町のアマチュア演劇グループのオーディションに誘われ、主役のハリーに一目ぼれ。
しかしハリーは普段は超がつくほどシャイな男で・・


ジョナサン・デミ監督は見知らぬ町を車で散策するのがお好きだったようで、先日記事にした『Citizen's Band(原題)』もそうでしたが、監督の初期の作品は小さな町の人々のさりげない日常を描くものが多いですね。

本作も舞台は小さな田舎町。
つっけんどんで冷たい女に見える町の新顔ヘレン(スーザン・サランドン)は、実は人と触れ合うことに慣れず、自分をさらけ出すことができない女性。しかし彼女が一目ぼれしたハリー(クリストファー・ウォーケン)はヘレンの斜め上を行く対人恐怖症で、
自身は演劇を通じて情熱を表現できるようになったヘレンが、なんとかハリーの力になろうとする・・という話。
susan-chris.jpg
テレビ映画で尺も53分とコンパクトながら、ウォーケンとサランドンが劇中劇含め素晴らしい演技を見せてます。
特にウォーケンは普段は人と言葉を交わすのもやっとのオドオドした青年なのに、舞台に上がるやマーロン・ブランド並みに粗野なセクシービーストを朗々と演じてしまう。
ある意味二重人格者なのだけど、そのギャップが可笑しいし、オーディション前の準備の段階ですでに役になり切ってるところなど、細かい演出が笑えるのです。

舞台も学校の体育館の小さなステージで座席もパイプいす。
でもそこに観客とステージの繋がりがあってほのぼの。
小さな町のささやかな恋を、劇団の世代交代や、住民の日常をさり気に盛り込みつつ描くスタンスも微笑ましかった。

ちなみに邦題は「クリストファー・ウォーケンの」がついてるけど、主役はサランドンですね。

監督のご冥福をお祈りします。



映画データ
製作年:1982
製作国:アメリカ
監督:ジョナサン・デミ
脚本:ニール・ミラー
出演:クリストファー・ウォーケン
   スーザン・サランドン
   クロエ・ウェッブ
   ロバート・リッジリー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:クリストファー・ウォーケン スーザン・サランドン 80年代

コメント

No title

起きたらジョナサン・デミの訃報で朝から凹みだったよ💧
73ってまだまだ現役でやれる。お若いのに、癌だったのか。ホントに残念。
ジョナサン・デミと言えばわたしはやっぱ『羊たちの沈黙』なんだなー。ちょっと落ち着いたら再見する。
これウォーケンもサランドン姐さんも若くてぴちぴち~って、もしかしてまだ昭和の頃の作品なのか!!観てみたいな。
たくさん素敵な映画をありがとうございます。

To みーすけさん

ねー、私も。
まだまだ全然現役だと思ってたのもあって、びっくりだし本当に残念。
なんたって『羊たちの沈黙』が面白かったね~。私も再見したい。
ウォーケン&サランドン姐さんのラブストーリーとかTV映画でやっちゃうんだって感じ。
2人の演技力もも垣間見れて思わぬ拾い物でした。
こういうほのぼのしたのも初期の監督の持ち味なんだね。
ツイッターのつぶやきを見ても沢山の人に愛された監督さんだったんだなって思った。
未見の映画もいっぱいなので観てみるよ。

No title

高校生の時だったですが、確か視聴覚室で
創刊されたばかりの『プレミア』日本版を読んでいたら
『羊たちの沈黙』を取り上げていました。
その時はまさかその映画がアカデミー賞を受賞するとは
思いも寄りませんでした。
その授賞式はBSで放送されましたが
解説が原田眞人さんで、デミの『CITIZEN'S BAND』を
雑誌を通じて教えてくれた人でしたが彼は
『JFK』が獲らなきゃ嘘だと語っていたのが印象深いです。
その年のオスカーは、自分が第60回(『ラストエンペラー』の年)から見はじめて
はじめて獲って欲しい映画にオスカーが渡った年でしたが
その後、オスカーで自分が獲って欲しいなと思う映画が獲ったことは
たった1度だけで、もうそろそろ30年見ているのに2回しかない
のはさておき『フィラデルフィア』は従姉妹と観に行って
分からなかった、と言われた思い出があります。
分からなかった、というのは、デミの作品を貸しまくっていたのですが
よく言われた台詞で、でも『フィラデルフィア』は分かるだろ、と思ったものです。
なにが言いたいのかというと、とくになにも言いたいことはないのですが
これまでも好きな作家が亡くなったことは何度もあるのに
この喪失感たるや凄まじく、たぶん今まで亡くなった好きな作家は
亡くなることを覚悟してたんだと思います。アルトマンとか。
でもデミは、そうじゃなかった。
デミが亡くなった日に、TVが壊れました。
「デミが亡くなった日に、TVが壊れた」
と言ったら、妻が前のより少し大きめのTVを買ってくれました。
で、いつもは子供を寝かし付けるのは自分の役目なのですが
今日は彼女がさっさと子供たちを連れて寝室に行ってしまいました。
たぶんなにかデミの映画でも観たら、と思ったのだろうと思います。
が、そうしませんでした。
マイケル・ケインとベン・キングスレーの『迷探偵シャーロック・ホームズ』を
観ました。
デミの映画を観ようとは思いませんでした。
このところ新しい映画を観てもピンと来ないのですが
デミが亡くなったことでピンと来るものがあります。
もはやすべてが過去になりました。
『愛されちゃってマフィア』に熱狂したあの頃の感覚はもう
取り戻せない。
デミの映画を発見して翌日、素晴らしい気分で学校に行ったのは
昨日のことのようですが
マシュー・モディンはおじいさんになってしまったし
ミシェル・ファイファーももうおばあさんです。

…と書いてからおよそ30分が経過しました。
どんなに頭を捻っても続きが出て来ません。
中途半端ですが、これで退散したいと思います。
ごめんなさい。
でも本当に、まとまらないんだよ。

To HKさん

HKさんの落ち込みはツイッターからも伝わった。
病気なんて全然知らなかったから驚いたしみんな覚悟してなかったよね。
壊れたテレビもきっと何かを感じたんだな。
なにも言わず、気持ちを分かってくれる奥様素敵だ。

HKさんは映画の世界に入ったのが本当に若いから
その頃の感覚は取り戻せないというのはわかる気がする。
でもそれ含めて成長だし、映画は青春を共にした同士みたいなもんだよね、きっと。

少し時間が経ってから好きな映画を観なおせばいいじゃない。
新しい少し大きくなったテレビで。
今だからこそ見えてくることもあって、そんな部分を発見するのも追悼かなと思う。

No title

ウォーケン、サランドン、、若ぁ  デミ監督残念でしたね 羊たちは、もちろん
愛されちゃってマフィアとかは観てるけど あまりたいしたことなく観てなくて やはり羊たちが強烈でしたね  クリストファ ウォ-ケンは 今でこそマフィアの大物然としてるけど デッドゾーンが好きでね  あの頃新鮮だった 繊細で
ディア-ハンタ-とか 戦争の犬たちは それ以前だったんだ  デッドゾ-ンの方が古いと思ってた サランドンさんはこの頃はもうすでに アル・パチーノのヨメ とは別れてたんだ  ロッキーホラーショーの頃は 全然 ま、主役クラスだけど あまり印象なかった人 

To おみゃあさん

サスペンス好きにはやっぱり『羊たち~』ですかね~。
というか、その前とはずいぶん作風が違う気がする。
引き出しの多い監督だったんだな。
ウォーケンさんもサランドン姐さんもこの時はまだ全然大物感ない頃ですねぇ。
ウォーケンさんは繊細さと舞台の上の大胆さの両方を味わえる、ある意味ポテンシャルを見せた貴重な作品かも。
『デッドゾーン』の繊細で危ないウォーケンさん私も好き。
サランドンさんはティム・ロビンスと一緒になってなかったっけ?
パチーノの嫁?? おみゃさんはゴシップにも強いよなぁ。しかも記憶力がいい!

No title

いやぁ、ドグデイアフタヌ-ヌ、ってあったでしょ  狼たちの午後
あのパチ-ノのオトコの方のヨメ  クリスサランドンのことですよ
あのころオカマ然としてたけど のちエエ俳優になりました

To おみゃあさん

あ、そうだったんだ。知らなんだ。
サランドン姐さんは随分若くして結婚してたようだけど、サランドンという苗字を離婚後もずっと使い続けてるんですね。
クリスさん、あまり記憶になかったけどフィルモグラフィーと画像見て思いだした。
追加コメサンクス(^^)/
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。