10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンド・ワゴン(1953)

2017.02.17 09:24|ヴィンセント・ミネリ
bandwagon.jpg  

バンド・ワゴン(1953)

あらすじ
ダンス映画で名をはせたトニーも、もはや自分の人気の落ち目を悟らずにいられない。そんな時、親友夫妻からトニーのために舞台用のミュージカルコメディを書き上げたと誘われ・・


ミュージカルは苦手という思い込みから、古いミュージカルをほとんど知らないし、恥ずかしながらレジェンドとされるフレッド・アステアの作品をまともに観たのも今回が初めて。
今回この映画を観ようと思ったのも、実は『ラ・ラ・ランド』の公園でのダンスシーンが本作にインスパイアされたらしいと知ったから。

これですね。


新しい舞台で共演することに不安を感じるトニーとバレエ界のスター、ギャビー(シド・チャリシー)が、一緒にやっていけるかもう一度話してみようと夜のセントラルパークに繰り出すシークエンス。『ダンシング・イン・ザ・ダーク』のナンバーをバックにしっとり踊る二人のダンスシーンは、確かに『ラ・ラ・ランド』に通じるものがあった。

トニーはその昔活躍した大物ミュージカルスターという設定。
冒頭からトニーが映画で使用したステッキなどが競売に出されるが、50セントに値を落としても誰も落札しない。見てて申し訳ないと思ってしまうほどの自虐ネタが、30年代に活躍した彼のキャリアとシンクロする。
しかしながら歌を口ずさみ、ひとたび踊り出すとその優雅で軽やかなダンスに引き込まれずにはいられない。

正直バレエとの融合はあまり好みではなかったが、ファウストを盛り込んだというコンテンポラリーな舞台を否定し、往年のミュージカル最高じゃないかと、エンターテインメントに徹する姿勢に、この映画のアステア代表作としての醍醐味があった。
ハードボイルドなども取りいれた多彩な劇中劇も目に楽しく、ヴィンセント・ミネリのミュージカルへの造詣の深さと演出力を堪能。

ちなみにこちらは1970年のアカデミー賞で、プレゼンターとして登場した71歳のアステアが見事なダンスを披露した動画。
会場からは拍手が起こるものの、みんな座ったままで、反応が微妙なのだ。
図らずもこの映画のアステアの悲哀を再現してしまったようで切ない思いがした。ここはスタンディングオベーションで称えて欲しかったな。

映画データ
原題:The Band Wagon
製作国:アメリカ
監督:ヴィンセント・ミネリ
脚色:ベティ・コムデン/アドルフ・グリーン
出演:フレッド・アステアTony_Hunter
           シド・チャリシーGaby
           オスカー・レバントLester_Marton
           ジャック・ブキャナンJeffrey Cordova
           ジェームズ・ミッチェルPaul_Byrd
スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:は行 50年代 フレッド・アステア

コメント

No title

アステアはたぶんあまり観てないと思います ミュ-ジカル嫌いだし ましてや踊り
踊るニューヨ-クとか あしながおじさん あたりかな
タワ-リングインフェルノ で見たときはびっくり
レコ-ド、CDともに持ってますが    puttin' on the ritz がいい

No title

おおお~、、タイムリーですね、、いきなりレトロダンス??この時代は殆んど見まくってました、、もっとしっかり勉強してればと悔やんでますが、、。

To おみゃあさん

初コメントありがとうございます!
おみゃあさんもミュージカルお好きじゃないのね。
まぁそうだろうなぁ。
『タワ-リングインフェルノ』のアステアさん、私も確認しようと思ってたところです。
puttin' on the ritzというのは挿入歌ですか?気を付けて観てみます。

To guchさん

こちらにもありがとうございます。
guchさんはこういう作品にも強そうだなぁ。
遅ればせながら私も詳しくなりたいのでご教授ください。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。