03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017
引き裂かれたカーテン(1966) Mar 22, 2017
ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー (1981) Mar 14, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

ボディ・スナッチャー/恐怖の街

2008.04.22 23:32|ドン・シーゲル
bodysnatchersposter.jpg


1956年(米)
監督:ドン・シーゲル
原作:ジャック・フィニイ『盗まれた街』
出演:ケヴィン・マッカーシー/ダナ・ウィンター/キャロリン・ジョーンズ/ラリー・ゲイツ/キング・ドノヴァン
ジーン・ウィルス/サム・ペキンパー
【ストーリー】
カリフォルニアのある街が、異星生物の侵略を受けた。その生物は次々と人間の複製を造り上げ、本物と入れ換わっていく。主人公はその事実を知り、恋人と共に街を脱出しようとするが……。



ジャック・フィニイの『盗まれた街』を、D・シーゲルが映画化した劇場未公開の作品です。

異星生物に次々に身体を乗っ取られていく恐怖を描いた本作は、ニコール・キッドマン主演の「インベージョン」や、前にレビューしたドナルド・サザーランドの「SF/ボディ・スナッチャー」のオリジナルに当たります。

ある日突然主人公(ケヴィン・マッカーシー)の住む街に異変が起こり
気がつけば街には感情をもたない「ヤツら」が溢れていた!!

異星人に街が侵略されたことを知った主人公は、恋人とともに街からの脱出を試みる。
彼らは宇宙人の魔の手から逃れる事が出来るのか、、という話。

これ50年以上も前の作品なんですね。
街が異星人に侵略され、次々に人間が異星人に取り代わっていくというのは、
当時としては凄く斬新で怖いお話だったことでしょう。

異星人は種の入った鞘のようなもののなかで人間を複製するのですが、
カマキリの卵みたいなその「鞘」自体はさほどグロくはないものの、
中に入った、ほぼ人間の姿をした「それ」をやっつける様子には、ウワっと声を上げてしまいました^^;

余分な部分をそぎ落としたストーリー構成は、シンプルながら主人公の驚きと困惑がダイレクトに伝わるもの。
それでも、危うく異星人に乗っ取られるところをなんとか救出したヒロインと爽やかに朝を迎えたり
どことなく長閑なところがウケます(笑)

大勢の「ヤツら」に追いかけられるシーンはさすがに怖かった。
bodysnatchers2.jpg
これ劇場未公開なんですね。
でもこのシンプルな恐怖はなかなかのもので、侵略ものSFの金字塔とされるのもなるほどという感じ。


★★★★☆
スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:50年代

コメント

No title

うーん、よく2つもブログ管理されてますねえ! 我が家なんて、古いのも新しいのも、いっしょくた!
ドン・シーゲルがこういうSFを監督したというのが意外な気がします。ロバート・ワイズとか似合いそうで。
昔のSFもの、だいたいシンプルですね。1時間半くらいでスラリと終わるのが多いのではないかと。

To ボーさん

いっしょくたで全然いいんですけどね。
古い映画を観たいのに、どうもアップの機会を失くしがちになるので、気兼ねなく古い映画を語れるこんなブログを作りました。
まぁ定期的にやってくる病気みたいなものです(笑)
ドン・シーゲル確かに意外な感じしますね。
シンプルな昔SFは今の様々なSFのネタ的なところもあって、なかな興味深いです。
僻地におこしくださってありがとうございました。
非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」

いくつかリメイクもある有名なSF作品。