09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

めまい

 
1958年(米)
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ジェームズ・スチュワート/キム・ノヴァク/バーバラ・ベル・ゲデス/トム・ヘルモア
■感想
サスペンス映画の神様と称されるヒッチコックの作品の中でも、特に人気の高い本作
ヒッチさんに叱られそうですが、こんなに有名なのに未見でした
ようやく観ました!ということで、スペシャル入りです
 
ある事件をきっかけに極度の高所恐怖症となったジョン(ジェームズ・スチュワート)は
刑事の仕事もやめてしまう。
そんな彼にかつての同級生が、不審な行動をとる妻の尾行を依頼してくる・・

尾行してみると、友人の妻マデリーン(キム・ノバック)は、祖母にまつわる地を訪れ、一日を過ごすのだが
友人によると、祖母はあることから自殺した経緯があり
そのため孫であるマデリーンには祖母のことは知らされていないという
 
ある日川に身を投げたマデリーンを助けたジョンは
マデリーンが無意識下に、死を選ぼうとしてること知った。
このときジョンはすでにマデリーンを深く愛している自分に気づき
なんとか、マデリーンを救いたいと思うのだが・・・
 
ミステリアスでロマンティック、そして悲しい映画でしたね。
 
前半は、祖母のことなど知るはずもないマデリーンの行動に
オカルトティックな展開を予想し、先が気になります
キム・ノバックの美しさもあり、二人のロマンスにもちょっとうっとり
 
ところが後半、雰囲気は一転
あまりにマデリーンを愛してしまった男ジョンが、取り付かれたように
マデリーンの姿を追い求める姿が哀れでもありました。
終盤の展開も、可愛さあまって憎さ百倍というところか。
高所恐怖症」をうまく使い、重なる自責の念に、常軌を逸していく男の
愛憎劇を描きあげる巧みさに、思わずほーーっとため息。
ミステリーとしても、ロマンスとしても面白い仕上がりです。
 
アニメチックな映像が挿入されるのは、さすがに時代を感じるところだけど
高みからのショット、美しい風景、青いライトを駆使した悪夢のような見せ方など
映像表現も面白く、当時としては斬新な部分も多かったでしょうね。
ところで、今回観たのは、大好きな『シングルマン』に、この映画と同じスコアが使われてると知ったから。
アレンジが違うので、雰囲気は違うけど、二つ比べてみるのも面白いですね。
 
色んな映画に影響を与える作品とのこと。
オマージュ的に使われることも多いらしいので、これからミステリーを見るときにぜひ
この映画の面影を探してみたいです。
 
 
 

スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:ジェームズ・スチュワート