08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眺めのいい男 アル・パチーノ『哀しみの街かど』

2010.09.25 23:25|drama
 
1971年(アメリカ)
監督:ジェリー・シャッツバーグ
出演:アル・パチーノ/キティ・ウィン/アラン・ヴィント/リチャード・ブライト/キール・マーティン/ラウル・ジュリア
【ストーリー】
堕胎手術をした娘がジャンキーと知り合い、自分も麻薬の味をおぼえてしまう。彼女は次第に、麻薬欲しさに身体を売るまでに落ちぶれていく……。(Allcinemaより)

眺めのいい男特集 10本目! アル・パチーノ
 
■感想
眺めのいい男特集のラストを誰に飾ってもらおうかなぁと散々考えたあげく
かつてはこんなに美しかった大御所アル・パチーノにしました~。
デビュー2作目 『ゴッドファーザー』の前のアルパチ親分が演じるのは生粋のジャンキー
時にヘベレケ イッちゃってる演技がお見事
どうしようもない自分への怒りをにじませながらも
恋人ヘレンと二人、どこまでも落ちていく姿が悲しい映画です
 
デビュー2本目でこの演技というアルちゃんも、さすがの才能を感じさせてくれるところだけど
本作ではヘレンを演じたキティ・ウィンが凄いね~。

幸薄いヘレンが、ジャンキーのボビー(パチーノ)と暮らすうちに、
いつしか麻薬に溺れ 身を持ち崩していく
集中力を欠くため、まともな仕事にもつけない
麻薬欲しさに体を売る 
廃人直前の演技など 本当に薬中なんじゃない?と思わせるほどでした
彼女はこの演技でカンヌの女優賞を獲得したんですね。納得です
アル・パチーノは大きな瞳が印象的ですね
本作の妙なテンションのアルパチがゴッドファーザーのマイケル役を得るなんて、このとき誰が思ったでしょう。
でも、コッポラはすでにその才能に目をつけ、マイケルにふさわしいか確認するため試写に訪れたのだとか。
 
原題は『THE PANIC IN NEEDLE PARK』
NEEDLE PARKってのは、言うまでもなくジャンキーに溢れる街ニューヨーク
この町のすさんだ風景はベトナム戦争後のアメリカを象徴するものでしょうね。
 
心躍る映画でも深い感動を得る映画でもないけれど、出演者の演技と
時代を堪能する作品でしょうか
心に空っ風が吹きすさぶ そんな映画でしたね。
 
 
  
 
スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:70年代 アル・パチーノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。