08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982)

2017.04.26 13:47|ジョナサン・デミ
who am i this time
クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット
Who Am I This Time ?


『羊たちの沈黙』でアカデミー賞を総なめにし、続く『フィラデルフィア』でトム・ハンクスにオスカーをもたらしたジョナサン・デミ監督がお亡くなりになりました。
15年にもメリル・ストリープ主演で映画を撮っていたし、まだ全然お元気なのだと思っていたのだけど、がんを患っていたんですね。73歳。若いなぁ。
jonathandemme.jpg
今日は追悼にTVムービーとして製作された『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』を観ました。邦題長っ!!w


【あらすじ】
仕事で新しい土地に越してきたヘレンは、町のアマチュア演劇グループのオーディションに誘われ、主役のハリーに一目ぼれ。
しかしハリーは普段は超がつくほどシャイな男で・・


ジョナサン・デミ監督は見知らぬ町を車で散策するのがお好きだったようで、先日記事にした『Citizen's Band(原題)』もそうでしたが、監督の初期の作品は小さな町の人々のさりげない日常を描くものが多いですね。

本作も舞台は小さな田舎町。
つっけんどんで冷たい女に見える町の新顔ヘレン(スーザン・サランドン)は、実は人と触れ合うことに慣れず、自分をさらけ出すことができない女性。しかし彼女が一目ぼれしたハリー(クリストファー・ウォーケン)はヘレンの斜め上を行く対人恐怖症で、
自身は演劇を通じて情熱を表現できるようになったヘレンが、なんとかハリーの力になろうとする・・という話。
susan-chris.jpg
テレビ映画で尺も53分とコンパクトながら、ウォーケンとサランドンが劇中劇含め素晴らしい演技を見せてます。
特にウォーケンは普段は人と言葉を交わすのもやっとのオドオドした青年なのに、舞台に上がるやマーロン・ブランド並みに粗野なセクシービーストを朗々と演じてしまう。
ある意味二重人格者なのだけど、そのギャップが可笑しいし、オーディション前の準備の段階ですでに役になり切ってるところなど、細かい演出が笑えるのです。

舞台も学校の体育館の小さなステージで座席もパイプいす。
でもそこに観客とステージの繋がりがあってほのぼの。
小さな町のささやかな恋を、劇団の世代交代や、住民の日常をさり気に盛り込みつつ描くスタンスも微笑ましかった。

ちなみに邦題は「クリストファー・ウォーケンの」がついてるけど、主役はサランドンですね。

監督のご冥福をお祈りします。



映画データ
製作年:1982
製作国:アメリカ
監督:ジョナサン・デミ
脚本:ニール・ミラー
出演:クリストファー・ウォーケン
   スーザン・サランドン
   クロエ・ウェッブ
   ロバート・リッジリー
スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:クリストファー・ウォーケン スーザン・サランドン 80年代

 Handle with Care/Citizen's Band(原題)(1977)

2017.02.15 06:43|ジョナサン・デミ
CB.jpg  

Handle with Care(原題)(1977)

≪あらすじ≫
ネブラスカのある田舎町で、事故を知らせる無線を傍受したスパイダーアCB無線が住民のコミュニケーション手段として活躍している。無線ラジオのコーディネーターであるスパイダー(ポール・ル・マット)は、今日も無線を傍受した事故車のレスキューに向かったり、違法な利用者を取り締まったりと大忙がし。

ジョナサン・デミが監督した1977年のコメディ。

CB無線(citizen's band)というのは、市民ラジオと言われる無線のことで、アメリカでは1960年代に登場し長距離トラックの運転手の間で流行ったらしい。アマチュア無線の走り?

本作の舞台、ネブラスカの小さな町でもCB無線がコミュニケーション手段として活躍している。
人々はハンドルネームでやり取りしていて、若者相手にテレフォン・セッ〇〇まがいのことをするものがいれば、延々と白人至上主義論を喋り捲るネオナチがいたりする。

住民をみんな知ってるような田舎町で、本人とバレずにハンドルネームで通せるものか?と思うところはあるが、身分を明かさず、現実とは違う自分になるというのがこの映画のテーマだろう。あるものは現実から逃れ、あるものは欲求を満たす。

Handle-With-Care-aka-Citizens-Band-1977-Original.jpg


無線の前では水を得た魚のように生き生きしている元トラック野郎の65歳の主人公の父親は、実はグダグダのアル中状態で、息子に養ってもらう現状にやるせなさを感じている。愛人には妻が2人(!)。それでも妻らを励ますしがない娼婦の健気だがふと見せる表情が切ない。無線で別人を装っても、受け止めなければならない厳しい現実があるところが、シュールなだけのコメディになっていなくて深いのだ。
Handle5.jpg
この年のゴールデングローブでコメディ/ミュージカル部門の作品賞にノミネート
主人公の周囲で起きる小さな事件にことごとくCB無線を絡めてくるのが可笑しく
シュールでいて少し物悲しく、ハートウォーミングな佳作だった。

映画データ
原題:Handle with Care
製作国:アメリカ
監督:ジョナサン・デミ
脚本:ポール・ブリックマン
出演:ポール・ル・マット
   キャンディ・クラーク
   アン・ウェッジワース
   マルシア・ロッド
   チャールズ・ネイピア
   アリックス・エライアス
   ブルース・マッギル

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:原題 70年代

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。