04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

puko2

Author:puko2
備忘録ブログはじめました。

検索

最新記事

【映画】シシリアン May 17, 2017
【追悼】ジョナサン・デミ『クリストファー・ウォーケンのアクターズ・ラブ/舞台は恋のキューピット』(1982) Apr 26, 2017
キング・コング(1933) Apr 06, 2017
雨のなかの女 Mar 28, 2017
パートナーズ(1984) ジョン・ハートのゲイ演技が秀逸 Mar 27, 2017

コメントありがとう!

カテゴリー

タグリスト

アーカイブ

Display RSS link.

Link

Friend request form

Want to be friends with this user.

引き裂かれたカーテン(1966)

 torncurtainposter.jpg

引き裂かれたカーテン
Torn Curtain

アルフレッド・ヒッチコックによる冷戦時代を背景にしたスパイサスペンスです。

暖房の壊れた極寒の客船
結婚を控えた物理学者マイケルとサラのカップルだけはベッドでいちゃいちゃ、アツアツだ。
コペンハーゲンで学術会議に出席するはずの二人だったが、ある伝言を受けとった後マイケルの態度が一変
ストックホルムで研究するから一人でアメリカに帰れと言われ、不審に思ったサラはこっそりマイケルの後を追う。
2人を乗せた飛行機は東ベルリンに着いた。


ポール・ニューマンが原子物理学者いうのにそもそも違和感があるのだが、『サイコ』で成功したヒッチコック作品にスター俳優のニューマンとアンドリュースを起用してヒットを狙ったというところか。

最初はニューマンが祖国を裏切り東ドイツに亡命する話?と驚くが、そこからひねりがある。
実はマイケルはその道の権威、リント博士の理論を盗むため、亡命者を装い東ベルリンに派遣されたスパイだった。

とはいえ、所詮は「雇われ」の「臨時」スパイ。
007風なスパイアクション映画になるはずもなく、なんとか任務を果たした後、マイケルとサラがいかに国外脱出を図るかが本作のサスペンスをけん引することになる。

素人な二人ゆえのハラハラもあるものの・・正直あまり面白くなっていかない。
一つには主役2人の魅力が生かされてない点だろう。
せっかく素人カップルの脱出劇という面白い設定なんだから、どうせならスクリューボールコメディにしたらよかったのにと思うのだが、中途半端にまじめで遊びがないのだ。
脱出も人任せで本人の努力を感じられないので、結果に対して爽快感さえ得られない。
冷戦の真っただ中に観れば、今よりも緊張感が伝わったのかな。
torncurtain2.jpg
主役よりも印象に残るのは、リント博士、バレリーナ、ポーランド人女性といった脇役の活躍。
舞台で演舞中にマイケルを目ざとく見つけるバレリーナの「眼」の演出なんかホラーだよね。
アメリカに渡ることを夢見るポーランド人女性の切実さは、特に時代を感じさせる。
Torn-Curtain-Unloved-2016.jpg
布団の中で始まって最後も毛布の中の二人で終わるのはうまい演出。
でも、二人を祝福しがたいのは、アメリカのエゴのみが際立ってしまったから。
最後にポーランド人女性を助けるよう手紙を書くとか、犠牲にした者、助けてくれた面々への思いが表現されるとよかったな。

ポスター(とタイトル)は『サイコ』を意識してのもの?



映画データ
製作年:1966年
製作国:アメリカ
監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ブライアン・ムーア
出演:ポール・ニューマン
    ジュリー・アンドリュース
    リラ・ケドロヴァ
    デヴィッド・オパトッシュ
    ルドウィッグ・ドナス
スポンサーサイト

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:60年代 ポール・ニューマン ジュリー・アンドリュース

レベッカ(1940)

Rebeccaposter.jpg

レベッカ

Rebecca

あらすじ
モンテカルドに滞在中、裕福なマキシムと出会ったヒロインは、後妻として嫁ぎ、マンダレイと呼ばれる屋敷に住むことになる。しかしそこは先妻レベッカの見えない影がすべてを支配していた


アルフレッド・ヒッチコックのゴシックサスペンス。

この映画が凄いのは、タイトルロールの「レベッカ」を登場させることなく、レベッカを恐怖の対象足らしめている点だろう。
ジョーン・フォンテイン演じるヒロインは先妻の評判を聞くにつれ自信を無くし、次第にレベッカの影におびえるようになる。

それに拍車をかけるのが女中頭として屋敷を取り仕切るダンヴァース夫人(ジュディス・アンダーソン)の存在。
レベッカを寵愛し、レベッカ亡き後もレベッカの生活の痕跡をそのまま残そうとする夫人にとって、新妻のフォンテインはレベッカの世界を壊す邪魔な存在でしかない。ましてや自分と同じ平民の出のフォンテインがレベッカと同じものを手にするなど許せるはずもない。

しかし、ダンヴァース夫人はなぜそこまでレベッカに執着したのか。
レベッカとダンヴァース夫人がレズビアンの関係にあったという人もいるけれど、どうだろう。

個人的には2人の間に性的な関係はなかったのではないかと思う。
しかしダンヴァース夫人がレベッカに尋常でない愛情を持っていたのは確かだろう。
彼女にとってレベッカは夢を具現化する対象だったのではないか。

ダンヴァース夫人がレベッカの持ち物に執着する姿から、夫人はレベッカを通し、上流文化に触れ、美しいものをめでる喜びを満たしてきたのではないかと思う。ただしレベッカは誰も愛せない女性で、ダンヴァース夫人の思いはかなわない。そこに夫人の悲しさがあった。

かくして、ヒロインを追い詰めるダンヴァース夫人の瞳が、もはやこの世以外のところを見ていると知るとき、映画はゴシックホラーとして最恐の瞬間を迎えるのだ。


rebecca-1940-laurence-olivier-kissing-joan-fontaine-00n-yrr.jpg
怖い映画ではあるが、フォンテインとマキシム役のローレンス・オリヴィエの関係は思いのほかロマンティックで、前半は億万長者に求婚されるという、女の子の究極の憧れを描くロマコメとして、やがてホラーからミステリーへとシフトする展開の多様さを楽しんだ。

屋敷を目前にして激しく降り始める雨
「R」のイニシャル
マキシムの多様性を写すスケッチ等、象徴的な表現も印象的。

本作がヒッチコックの渡米一作目ということだが
「マンダレイとニューヨークどっちを選ぶ?」とのマキシムの問いに
「ニューヨークは退屈そうだからマンダレイ」と答えさせるところに
ヒッチコックの「心はイギリスにあり」を感じた次第。




映画データ
原題:Rebecca
製作国:アメリカ
監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ロバート・E・シャーウッド/ジョーン・ハリソン
出演:ローレンス・オリヴィエ
   ジョーン・フォンテイン
   ジョージ・サンダース
   ジュディス・アンダーソン
   グラディス・クーパー


テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:40年代 ローレンス・オリヴィエ

アルフレッド・ヒッチコック 監督作品一覧

アルフレッド・ヒッチコック
(1899~1980)
AL.jpg

ヒッチコックの ファミリー・プロット (1976) Family Plot 
フレンジー (1972)
Frenzy 
トパーズ (1969)
Topaz 
引き裂かれたカーテン (1966)
Torn Curtain 
マーニー (1964) Marnie 
鳥 (1963) The Birds  
サイコ (1960) Psycho
北北西に進路を取れ (1959) North by Northwest
めまい (1958) Vertigo
間違えられた男 (1956) The Wrong Man 
知りすぎていた男 (1956) The Man Who Knew Too Much
ハリーの災難 (1955) The Trouble with Harry  
泥棒成金 (1955) To Catch a Thief  
裏窓 (1954) Rear Window
ダイヤルMを廻せ! (1954) Dial M for Murder 
私は告白する (1953) I Confess
見知らぬ乗客 (1951) Strangers on a Train
舞台恐怖症 (1950)<未> Stage Fright
山羊座のもとに (1949)<未> Under Capricorn
ロープ (1948) Rope  
パラダイン夫人の恋 (1947) The Paradine Case 
汚名 (1946) Notorious
白い恐怖 (1945) Spellbound 
救命艇 (1944)<未> Lifeboat  
疑惑の影 (1942)Shadow of a Doubt  
マダガスカルの冒険 (1944)<未>
逃走迷路 (1942) Saboteur  
断崖 (1941) Suspicion
スミス夫妻 (1941) Mr. & Mrs. Smith 
海外特派員 (1940) Foreign Correspondent
レベッカ (1940) Rebecca
巌窟の野獣 (1939) Jamaica Inn
バルカン超特急 (1938) The Lady Vanishes 
The Girl Was Young  1936 
サボタージュ (1936)<未> Sabotage  
間諜最後の日 (1936) Secret Agent
三十九夜 (1935) The 39 Steps
暗殺者の家 (1934) The Man Who Knew Too Much  
Strauss' Great Waltz  1932 
第十七番 (1932)<未> Number 17 1 
リッチ・アンド・ストレンジ (1931)<未> East of Shanghai 
Mary  1931 
スキン・ゲーム (1931)<未> The Skin Game  
殺人! (1930) Murder! 
ジュノーと孔雀 (1929)<未> The Shame of Mary Boyle 
ヒッチコックの ゆすり (1929)<未> Blackmail  
マンクスマン (1929)<未> 
The Manxman
シャンパーニュ (1928)<未> Champagne
ふしだらな女 (1927)<未> 
Easy Virtue 
農夫の妻 (1928)<未> The Farmer's Wife 
リング (1927)<未> The Ring 
下宿人 (1926)<未> The Lodger
ダウンヒル (1927)<未> The Mountain Eagle 
快楽の園 (1925)<未> The Pleasure Garden 

テーマ:映画情報
ジャンル:映画

めまい

 
1958年(米)
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:ジェームズ・スチュワート/キム・ノヴァク/バーバラ・ベル・ゲデス/トム・ヘルモア
■感想
サスペンス映画の神様と称されるヒッチコックの作品の中でも、特に人気の高い本作
ヒッチさんに叱られそうですが、こんなに有名なのに未見でした
ようやく観ました!ということで、スペシャル入りです
 
ある事件をきっかけに極度の高所恐怖症となったジョン(ジェームズ・スチュワート)は
刑事の仕事もやめてしまう。
そんな彼にかつての同級生が、不審な行動をとる妻の尾行を依頼してくる・・

尾行してみると、友人の妻マデリーン(キム・ノバック)は、祖母にまつわる地を訪れ、一日を過ごすのだが
友人によると、祖母はあることから自殺した経緯があり
そのため孫であるマデリーンには祖母のことは知らされていないという
 
ある日川に身を投げたマデリーンを助けたジョンは
マデリーンが無意識下に、死を選ぼうとしてること知った。
このときジョンはすでにマデリーンを深く愛している自分に気づき
なんとか、マデリーンを救いたいと思うのだが・・・
 
ミステリアスでロマンティック、そして悲しい映画でしたね。
 
前半は、祖母のことなど知るはずもないマデリーンの行動に
オカルトティックな展開を予想し、先が気になります
キム・ノバックの美しさもあり、二人のロマンスにもちょっとうっとり
 
ところが後半、雰囲気は一転
あまりにマデリーンを愛してしまった男ジョンが、取り付かれたように
マデリーンの姿を追い求める姿が哀れでもありました。
終盤の展開も、可愛さあまって憎さ百倍というところか。
高所恐怖症」をうまく使い、重なる自責の念に、常軌を逸していく男の
愛憎劇を描きあげる巧みさに、思わずほーーっとため息。
ミステリーとしても、ロマンスとしても面白い仕上がりです。
 
アニメチックな映像が挿入されるのは、さすがに時代を感じるところだけど
高みからのショット、美しい風景、青いライトを駆使した悪夢のような見せ方など
映像表現も面白く、当時としては斬新な部分も多かったでしょうね。
ところで、今回観たのは、大好きな『シングルマン』に、この映画と同じスコアが使われてると知ったから。
アレンジが違うので、雰囲気は違うけど、二つ比べてみるのも面白いですね。
 
色んな映画に影響を与える作品とのこと。
オマージュ的に使われることも多いらしいので、これからミステリーを見るときにぜひ
この映画の面影を探してみたいです。
 
 
 

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:ジェームズ・スチュワート

ハリーの災難


1955年(米)
監督:アルフレッド・ヒッチコック
出演:エドマンド・グウェン/ジョン・フォーサイス/シャーリー・マクレーン/ミルドレッド・ナトウィック
ローヤル・ダーノ/ジェリー・メイザース
【ストーリー】
バーモントの田舎町。狩りをしていた船長が山で男の死体を発見する。男の名はハリー。船長は自分が間違えて撃ってしまったと思い、死体を隠そうとする。しかし妻は自分が殴ったために死んだと思い、彼を殺したと主張する人物は他にも存在していた。彼らは誰が真犯人が知らぬまま、ハリーの死体を担いで犯罪を隠蔽しようとするが……。

3度の埋葬。。。くらいじゃないよねノ∀≦。)ノ


る~さんのところの「死体」特集の時に紹介された作品です。

ヒッチコックってあまりにも有名なのに、「サイコ」や「」といったウルトラ代表作以外はあまり知らないんですよね~。
本作はそのちょっと怖めのスリラー的代表作に比べると、かなりほんわかなコメディタッチ。

ここで登場する死体のハリーさん。ちょっと見「ボラット」のサシャ・バロン・コーエン似です。
といっても、彼に台詞はなく、とにかくずっと現場に横たわり、足下からのカメラアングルで大映しされる靴の底でのご出演。

このサシャ・バロン・ハリー(笑)が、なんでここに死体として転がってるかっていうのは後々分かってくる訳ですが
物語は、この死体に関わる4人の人々の長い一日を描いたスリラー喜劇です。

トミー・リー・ジョーンズ監督作「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」って映画がありましたが、
このハリーさんは3度くらいじゃすまないんですよ。
ハリーを殺したと思う人や、彼には死んでいてもらわなければならない人たち、それぞれの思惑が入り乱れ
埋められては掘り起こされ、掘り起こされてはまた埋められ(笑)

本を読みながら歩いていて、死体につまずいても気付かない(それも何度もw)医者など
ドリフネタ?と突っ込みたくなるような、ベタなおかしさ満載。


抜けるような青空に紅葉が映える山間の風景も美しく、なんだか清々しい気分にさせてくれます。

死体が主人公であること自体かなりブラックな訳ですが、
船長を演じたエドマンド・グウェンの優しくおっとりした雰囲気が、映画全体にとぼけた感じを醸し出します。
ハリーの妻シャーリー・マクレーンはこれが映画デビュー。若くてキュートです。

死体を巡るドタバタ劇。みんなの願いは叶うのでしょうか。

たまにはこんな楽しいヒッチコックもいいんじゃない?





★★★*☆

テーマ:映画感想
ジャンル:映画

タグ:シャーリー・マクレーン